歯周病治療について

こんなお悩みありませんか?

  • 歯磨きのたびに歯ぐきから血が出る
  • 口臭が気になるようになってきた
  • 歯周病ってどんな状況のことを言うのか知りたい

このようなお悩みは当院の治療で解決します!!

日本人の8割は歯周病もしくは歯周病予備軍

歯周病とは、歯周ポケットに潜む歯周病菌が発生させる毒素によって、歯ぐきが炎症を起こして出血する病気です。また、重度の歯周病になると歯が抜けてしまう、非常に恐ろしい病気です。歯周病は、虫歯以上に痛みがなく進行していきますので、気づいた時には取り返しのつかない状態になってしまっている方も多くいらっしゃいます。

歯周病は日本人の8割の人が感染していると言われるほど、「国民病」であると言えます。また、歯周病は歯を失ってしまう原因第一位とも言われるほど、我々の生活に悪い影響を与えます。

歯周病にならないようにするためには、日々のホームケアと歯科医院などで行うプロフェッショナルケアを定期的に受けることをおすすめしています。

歯周病の進行と治療について

歯肉炎

歯ぐきに軽い炎症が起きてしまっている状態です。
日常生活での歯ブラシなどでも出血するなどの現象がおきます。
※歯周ポケットの深さ:3mm程度

軽度の歯周炎

歯ぐきが腫れてきます。また、冷たいものを飲むと歯ぐきがしみたり、口臭が気になりだします。
歯周ポケットの深さ:4mm程度

中度の歯周炎

顎の骨が半分くらい溶けてしまっている状態です。歯がグラグラし、出血や腫れ、口臭が起こる場合があります。また歯が浮いたような感覚になることもあります。
歯周ポケットの深さ:6mm程度

重度の歯周炎

あごの骨が3分の2以上溶けてしまっている状態です。歯がひどくグラつき、歯根が露出して歯が長くなった気がします。そのまま放置をしておくと、歯が抜け落ちてしまう場合もあります。
歯周ポケットの深さ:8mm以上

診療の流れ

STEP1 お口の中の確認

レントゲンや口腔内写真を用いて歯周病の状況を把握します。

STEP2 歯周病検査

歯の周りに炎症がないか、歯周ポケットの状況はどのようになっているのかを検査していきます。

 

STEP3 クリーニング・治療

歯科衛生士が中心になって、歯石や歯垢を落としていきます。

まずは普段の歯磨きでは取りきれない歯石を専用のスケーラーという機材を使用して除去していきます。

治療後に再び歯垢や歯石が付着しないように、歯の表面をツルツルにする治療を行います。

STEP4 歯周外科手術

重度の歯周病の場合には外科治療を行います。麻酔をして、歯ぐきを切開(せっかい)し、根に付いた歯石を除去していきます。

出来る限り、手術をともなう治療は身体への負担も考え避けたいところですが、深いポケットの場合、歯垢や歯石が溜まってしまうことによって、歯周病が悪化し、歯が抜け落ちてしまうことを考えると必要な治療です。

歯周病治療

歯を失ってしまう可能性が高い病気にもかかわらずその重大性があまり知られていないのが歯周病です。
かつては歯槽膿漏(しそうのうろう)とも呼ばれ大人がかかる病気だとされていましたが 最近では子供にも症状が見られる傾向にあります。
歯周病は知らない間に進行してしまうため油断は禁物また再発のリスクの高い病気です。
歯科医院の定期検診で予防メンテナンスを心がけましょう