虫歯治療について

こんなお悩みありませんか?

  • 歯医者での治療は痛くて苦手
  • 子供のころから「キーン」という音がトラウマで…
  • 銀歯以外の詰め物やかぶせ物があるって聞いたけど…

このようなお悩みは当院の治療で解決します!!

虫歯を放置してはいけません

虫歯を放置すると・・・

虫歯は「できてから痛み出すもの」というイメージをお持ちの方がほとんどかと思いますが、これは間違いです。実は、虫歯の初期段階では痛みはほとんどありません。痛みが出るころには、ある程度虫歯が進行してしまっているということが多くあります。

虫歯とは

虫歯とは、口の中にある糖分を栄養として虫歯の原因菌が酸を出し、その酸が歯を溶かすことによって起きてしまう病気のことです。

虫歯の初期段階というのは、脱灰と言ってカルシウムが溶け出している状態です。このときには、日々の歯ブラシなどによるブラッシングケアなどを行うことによって問題がないことが多くあります。もちろん、適切なケアを怠ってしまうと、虫歯菌が進行して、穴があいてしまうことがあります。

一般的には、虫歯治療は削って治していきますので、できるだけ症状が進行する前に発見していくことで、歯を削ることなく、年をとってもご自身の歯で生活できるようになります。

「あれ?虫歯かな?」と感じましたら、すぐに歯科医院に相談しましょう。

虫歯の進行と治療について

進行段階

症状

治療方法

C0 初期の虫歯
C0『初期むし歯』『むし歯ではない』

表面がわずかに溶けている状態です。 まだこの状態は穴はあいておらず、痛みなどもありません。

日々の歯ブラシの徹底、フッ素を使用した治療を行うことによって治ることがあります。

詳しくは予防歯科ページへ

C1
エナメル質の虫歯
C1『エナメル質むし歯』

歯の表面がさらに溶けていきます。また、色としても黒ずみが見えてきます。この時には、冷たい飲み物や食べ物がしみることがありますが、まだまだこの段階では痛みはないと言えます。

虫歯がある部分を削り(少量)、レジン(歯科用プラスチック素材)で詰めることで治療していきます。

C2 象牙質の虫歯
C2『象牙質むし歯』

象牙質まで進行している虫歯です。このころには、冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛みが出ることがあります。

虫歯が侵食している部分を削り、詰めもの(インレー)を入れて治療します。

C3 
神経まで達した虫歯
C3『神経まで到達したむし歯』

歯の神経の部分まで虫歯が進行してしまった状態です。冷たいものだけではなく、熱いものを食べてもしみるようになります。生活していても、ズキズキと痛むようになります。

神経を一度除去し、虫歯に侵食されてしまった根っこの部分を消毒して薬剤を使用して治療していきます。これが根管治療です。その後、被せもの(クラウン)を入れます。

C4 歯の根っこ
まで達した虫歯
C4『歯根まで到達したむし歯』

歯のほとんどが溶けてしまっている状態です。歯の根っこまで虫歯が侵食してしまっています。この状態になると、神経も死んでしまっており、痛みがなくなります。

この状況になってしまうと、ほとんどの場合、自分の歯を使用していくことは難しく、抜歯を行わなければならなくなってしまいます。抜歯後は、入れ歯ブリッジ、インプラントなどの治療法が存在します。

虫歯治療

ほとんどの患者様は、痛みを感じるほど虫歯が進行してから
急いで歯科医院へいらっしゃいます。
しかし歯を長持ちさせるためには、虫歯を早めに見つけて、
出来るだけ削らない治療する事が重要です。
また虫歯は小さいうちの方が治療が楽にすみます。
痛くなる前の早期発見、早期治療が鍵です。
治療時に痛みをできるだけ感じさせない治療方法もありますので
ぜひお気軽にご来院ください